ディープインパクト孫牡馬ラウダシオン、豪州で種牡馬入り

競馬 イラスト9.png

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
1:
https://db.sp.netkeiba.com/horse/2017105072/
2020年NHKマイルC覇者ラウダシオン(牡7)は、🇦🇺豪州移籍後は昨年12月の1戦(12着)のみで現役を引退し、同国のLarneuk Studで種牡馬入り。

種付料は1.1万豪ドル(約118万円)。父は日豪でG1を制したリアルインパクト。

引用元: ・https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1720708166/

2:
二転三転した時点で需要はお察し

3:
はえー良かったなあ

4:
この前、繋養先のサイト見たら戦績の所が惨敗レース全てカットされててヤベーなって思ったわw
せめて主な戦績っていう表示にしろよw
うっかり付けた牧場最悪だろw

6:
オーストラリアってラウダシオン買い取るほど薄め液に困ってんの?

7:
コビフェはどうすんの?ほんとに

8:
初年度種付け料1万1000豪ドル(約120万円)は、今春のラーニュークスタッドの種牡馬4頭では最高額だという。

さらに同関係者は「オーナーはかなり繁殖牝馬を集めてラウダシオンをサポートするようだ。外部からの強力な支援も得られると確信している」と、順調な種牡馬デビューを切れると確信している様子だった。

9:
昔からオセアニアは低レベルだから現地で名種牡馬になるよ

10:
日本に刺客送れるくらい成功するといいな

11:
種付料がマカヒキの2倍以上ってことはセレクトセールで3億円で売れるな

Source: オルフェンズの仔~~競馬ネタ予想まとめ
ディープインパクト孫牡馬ラウダシオン、豪州で種牡馬入り