2017年12月2日【チャレンジカップG3】のデータと予想!

2017年12月2日【チャレンジカップG3】のデータ分析・予想です!

阪神競馬場 2000m(芝)別定 3歳以上オープン

2012年から昨年まで外回り・芝1800mコースを舞台にハンデキャップの条件で行われていましたが、今年から内回り・芝2000mコースを使用した別定重量戦として行われます。今年GⅠに昇格した大阪杯と同じ舞台になるだけに、来春の古馬中距離戦線を占う意味でも目が離せない一戦となりそうです。



【データ①】

■前走の月に注目!!

《前走の月別成績(過去5年)》

注記: 2014年は2着同着
過去5年の出走馬について、前走の月別に成績をまとめると、前走が「10月」のレースだった馬の好走率が最も高く、3着以内馬の数でも前走「11月」組を上回っています。また、前走が「9月以前」だった馬は1頭も3着以内に入っていません。昨年は前走が「11月」だったマイネルハニーが勝利を収めていますが、果たして今年はどうなるのか、前走の時期に注目してみましょう。

【データ②】

■近走での連対実績が重要!!

《過去3走での最高着順別成績(過去5年)》

注記: 障害、海外のレースを含む
注記: 2014年は2着同着
過去5年の出走馬について、過去3走での最高着順別に成績を調べると、3着以内馬15頭中13頭は過去3走での最高着順が2着以内だった。好走率でも「1着」組と「2着」組が上位の数値を記録している。近走で上位争いに加わっていた実績は、重要視すべきだろう。

【データ③】

■阪神・芝2000mで行われた重賞の傾向もチェック!!

《阪神・芝2000mで行われた重賞における単勝人気別成績(2007年~2017年6月)》

注記: 2・3歳限定のレースを除く計33レースが対象
2・3歳限定のレースを除き、2007年~2017年6月までに阪神・芝2000mで行われた重賞(計33レース)における単勝人気別成績をまとめると、「1番人気」が連対率で50%を超えるなど、上位人気馬が上々の成績になっています。それに対し、「4番人気」と「5番人気」は合わせて1勝のみにとどまっており、「6~9番人気」が勝率・連対率で「4番人気」・「5番人気」を上回る数値を挙げています。伏兵の台頭も警戒した方がよさそう。

《阪神・芝2000mで行われた重賞における4コーナーの位置別成績(2007年~2017年6月)》

また、同様の条件で行われた重賞33レースの4コーナーの位置別成績を調べると、4コーナーでの位置取りが前方になるほど好走率が高くなっている。直線の短い内回りコースで行われる一戦だけに、出走各馬の脚質もチェックポイントになりそうだ。

それでは、上記を踏まえて予想といきましょう!!

予想

◎:サトノクロニクル

〇:プリメラアスール

▲:モンドインテロ

△:ジョルジュサンク

☆:マイネルミラノ

注:メドウラーク

この6頭で3連単BOX勝負!                         ※データ元:JRA